ダルメシアンの歴史

ダルメシアンの特徴

ダルメシアンを飼う

ブリーダーを見つける

ダルメシアンの歴史

egipto.jpgダルメシアンの起源については誰も正確な事は解っていませんが、“水玉模様の犬”はずいぶん昔から知られており、最古のものとしては紀元前2000年頃のエジプトの墓から、戦車と並んで走るダルメシアンに類似している犬の絵などが掘り出されています。(左画像:エジプトより出土 大英博物館蔵)

また、フィレンツェのサンタマリア・ノヴェッラ教会の中には1360年に描かれたフレスコ画(下の画像)に現代のダルメシアンに類似した犬が見られます。
これらいくつかの美術品から、ダルメシアンが最初にアフリカ、ヨーロッパ、及びアジアに現れたという説がありますが、この犬種が誕生したといわれる時代や場所は、やはり不明のままとなっています。
novella.jpg



「ダルメシアン」という名前は、現在のユーゴスラビア西部に位置する「ダルマチア」という地名に由来すると考えられていますが、その理由の一つは、この犬種がダルマチアのロマーニ(かつてジプシーと呼ばれた人々)と共に頻繁に見かけられた事が挙げられます。
そして彼らと共に各国を旅する間に普及して行ったのだと考えられます。1253年にダルマチアを旅行したオランダ人がカートを引く非常に力強い犬を見たと記述しています。しかし、この地域が発祥の地だという確かな証拠はありません。

16世紀中頃の詩人 Jurij Dalmatin の手紙で初めて、この犬種について言及され、1750年発行のフランス自然科学者 Buffon の“自然界の歴史”では、猟犬として Braque de Bengale と呼ばれ、現在の犬種名 Dalmatian は1771年に出版されたの“哺乳類一覧(Synopsis of Quadrupeds)”に初めて現れました。

ダルメシアンの祖先犬には、比較的小さい水玉模様を持ったグレート・デーンやポインターの血統が含まれていますが、これもやはり推測に過ぎません。この犬種のもともとの役割もわかっていませんが、ダルマチアとクロアチアの戦争の際には境界警備として使用されたと考えられています。その為よく知っている人や信頼する人には大変好意的で忠実ですが、見知らぬ人と未知の犬に対しては、時によそよそしい態度を取りがちです。非常に知的で勇敢な犬種なので、おそらくある一定の役割をこなせる犬というよりも、例えば軍用犬、番犬、牧畜犬、伴走犬、ネズミ捕り犬、回収犬、鳥獣猟犬、追跡犬、そして、サーカスで芸をする犬といった役割をこなせる便利な犬として、繁殖されたのではないかと考えられています。

coachdog.jpgダルメシアンのペアが家族の馬車の後ろを走る事は、当時の上流階級にとって最高のファッションでした。ビクトリア朝時代のイギリスでは、ダルメシアンは四輪馬車の伴走犬として大いに重宝されました。1851年の記録では、ロンドンからブライトまでの1,245Kmを8日間で走ったとあります。犬たちは馬の足並みに合わせながら、もっとも美しく見える位置である車軸の前や後ろについて伴走していました。

野犬の群れや泥棒から馬を守るという、当時の馬車旅行には欠かせない伴走犬としての実用性はむろんの事、走る姿の優雅さも兼ね備えていたので、上流階級で大変人気がありました。また、火を恐れないという性質から、当時馬が引いていた消防車の伴走犬として使用され、現在でも、ダルメシアンはアメリカの消防署のマスコット犬として扱われています。





ページトップへ

ダルメシアンの特徴

dalflores2.jpg
ダルメシアンの最大の特徴は白地に黒、もしくは茶の愛らしい水玉模様でしょう。また、ダルを飼っている誰もが言うように、その性格も特有です。ダルは通常、外交的で友好的です。元来、神経質だったり攻撃的だったりする事はありませんが、家族と家を守るという姿勢は強いものがあります。

ダルメシアンは、非常に忠実な仲間であり、あなたが与える愛情以上の愛情で応えてくれるでしょう。彼らは人間社会が好きであり、家族の一部であることを心から楽しんでいるのです。ダルはあらゆるライフスタイルに適合できる能力を持っています。

訓練が至極簡単という犬種ではありませんが、忍耐強く訓練することで多くの仕事に従事させることができ、かつての猟犬としての役割にも順応させる事ができます。彼らは非常に知的です、そして問題に直面した時に、通常即座に対応できるのがダルメシアン自身の利点なのです。

caballo.jpg今日でも、ダルメシアンは馬に対し親近感を抱いているように思えます。

ダルメシアンは人間とではなく、仲間たちと運動させる犬種です。成犬のダルを私たちが疲れさせるのは、事実上不可能に近いでしょう。飼い主はすぐに疲れて座り込んでしまうかもしれませんが、ダルはわずか数分間の休息で再び走る準備ができているでしょう。 コーチ・ドッグは毎日馬に伴走して1日に15~20マイル(約24~32キロ)旅行するとされていたのですから。そうは言ってもダルは衣食住満ち足りた暮らしが大好きで、暖炉の前で居眠り出来るなら何はさておき大喜びするにちがいありません。

こう書くとまるでダルメシヤンがみんなにとって、完全なペットであるかのように聞こえますが、これはいつもそうであるという訳ではありません。ダルは非常に負けず嫌いで頑固な場合があり、あなたがやらせたいと思う事も、気が向けばやるだけという事がままあるでしょう。 彼らには多くの忍耐を必要とするので、特に若いティーン・エジャーのオス(1~2歳)の訓練には、非常にしっかりとした取り扱いが必要です。常に人が犬より前方にいる必要があり、さもないと人ではなく、ダルを群れのリーダーにする危険があります。ダルは多くの人々が考えているよりも、はるかに力強い犬です。 友好的で、愛らしい水玉模様の中には想像以上の体重と筋肉をカモフラージュしています。幼い子供ではとてもリードを制御できないので、大人の連れなしで散歩にだすべきではありません。

私の調教の師であるケン・セィウェル(Ken Sewell)は著書で、ダルについてこう書いています。

<繊細なクラス 感受性が豊かな為に、自分の感受性を上回る事に出会った時には、かなり思い切った行動をとる事がある。飼い主はもっとバランス感覚がよく物静かな犬種だと思いがちだが、突然激しく感知したり、未知との出会いに苦しんだりする事がある。自分の周辺の人間、事物に非常に影響を受けやすい犬種である。故に、ちょっとした事で誘発されやすい。この犬種は我々を取り巻く世界の、あらゆるシグナルを理解しようと試みるような、感受性が豊かで物静かな、そして攻撃的でない人向きである。愚かな人間こそを恐れねばならない、そしてそれを避ける為の日々の心がけは”細やかな愛情”である。>と、なんだかダルってとても哲学的な犬なのです。




ページトップへ

ダルメシアンを飼う

sugi.jpgダルメシアンはとても人間を必要とする犬種です。 高度な知能を授かり、愛情を必要とする彼らを“犬”として扱わないでやってください。彼らには家族の一員であるという喜びと、誇りが必要なのです。

繁殖を行う、行わないに関わらず、犬を飼うという事は― あなたのペットの人生に責任を負うという事です。ただ仔犬を見て可愛いからという理由だけで、飼うべきではありません。変わり続けるこの社会において、犬を所有する責任について考えてください。社会には“アンチ・ドッグ派”が根強く存在しているのです。

ダルメシアンの人生は平均で11~12年ですが、中には15歳あたりまでの長寿のダルもいます。これはどういう事かというと、10年以上に渡って激しい運動が出来る、もしくは必要な犬を飼うという事です。ダルが他の犬種のようにゆったり大人しくなるのには、時間がかかります。飼うに当たって責任を持つと決める前に、まずあなたは次の事を自らに問うべきです。 


1. あなたには中型の、そして、活動的な犬を飼う余裕がありますか? 費用は犬の購買費だけではありません。 獣医診察の料金、ワクチン費用、およびリード、首輪などの購入、食費(ダルはよく食べます)、ベッド、およびグルーミング費用(短毛ですからさほどのものではありませんが)がかかります。

2. あなたの家には、十分なスペースがありますか?  しっかりとした塀(1.5m以上)に囲まれた適度な広さの庭と、そして家の中にもゆったりしたスペースが必要です。ただし、庭がないから飼えないという訳ではありません。少なくとも1日に2時間以上、毎日自由に駆け回れるだけの十分な散歩が出来るなら、問題はありません。

3. あなたには、あなたのダルメシアンと過ごす時間とエネルギーが十分にありますか? 最初の数週間、数カ月だけではなく、あなたのダルの全生涯にわたって、あなたは毎日ダルの健康状態、機嫌の良さなど、常に気にかけてやらねばなりません。

4. あなたの家族の誰かが、毎日かなりの時間家にいますか? 1日あたり8時間、1週間あたり5日間、「家族」は仕事に出かけますが、ダルは一人で長時間の留守番をさせるには適当な犬種ではありません。。長い期間、定期的に不在であると、あなたのダルは退屈するようになるでしょう、そして、退屈しているダルは常に破壊的になります。

5. あなたの家族のメンバーで、家でほとんどの時間を過ごす人は、本当に犬が欲しいのですか? 必然的にこの人物が毎日餌をやり、手入れをし、運動させる人なので、心からその人が望んでいるのか、確信していなければなりません。

これらの質問リストは大層威圧的に思えるかもしれませんが、あなたが最初のダルメシアンを急いで見つけて買ってしまう前に、慎重過ぎるほどに考えた方が良いでしょう。犬を飼う事は、最も価値ある経験の1つです、そして、あなたとあなたの家族がダルに快適な家庭を提供できると、十分考慮したあとで確信しているのなら、あなたは決して後悔しないでしょうし、ダルとの暮らしによって大いなる喜びを得る事でしょう。どうぞダルとの愉快な暮らしを心ゆくまで楽しんでください。



ページトップへ

ブリーダーを見つける

健康で良質なダルメシアンを育てている、評判の良いブリーダーを見つける事が出来れば、それはあなたがこれからダルと共に暮らす人生の、まずは好調なスタートと言えるでしょう。ダルメシアンのクラブにコンタクトを取れば、ブリーダーのリストを提供してくれるでしょう。出産予定のあるブリーダーを教えてくれるはずです。

あなたがブリーダーを訪問するアポイントを取る前に(母親犬を見ておくのは大事なポイント。出来れば父親犬も)、決めておかなくてはいけないいくつかの事項があります。

オスかメスか?

matsu2.jpgオスはメスより大きく強い。そして時に強い個性を持っています。これは本当に個人的な選択ですが、考慮しなくてはならないいくつかのポイントがあります。

1. 通常、オスはメスより大きいです、つまりは、もちろんオスがメスより重くて、より強いことを意味します。

2. オスは時おりメスより強い個性があり、コントロールがややしにくい場合があります。

3. 避妊手術をしないメスには一定の周期ごとに、生涯ヒート(発情期)がやってきます。メスによって周期は異なります。それは、6カ月か7カ月毎であるかもしれないし、それよりかなり長い周期の場合もあります。ヒート期間中(約21日間)はシーツなどが多少汚損するでしょうが、メスはたいがい自分で自分を清潔に保ちます。メスが心身ともに受け入れ態勢に入る交尾期間(2週間目)は、不幸な事故が起きないよう万全の注意が必要です。散歩は短くし、出来るだけ他の犬との接触を避けましょう。オスがうっかり接触したりできないように厳重にガードする必要があります。あなたのメスを繁殖に使用するつもりがないなら、メスの最初のヒートの後に彼女の卵巣を摘出する事をお勧めします。また、注射か錠剤でもヒートをコントロールできますから、獣医に相談してください。

merlot.jpgレバー・スポットのダルメシアンもブラックに負けず劣らず魅力的。でも繁殖を考える場合、レバーの仔犬が生まれる確率を忘れずに。4. あなたが既に犬を飼っていて、2頭目を手に入れることを考えているなら、異性を飼うか、もしくは同性ならば2頭のうちの1頭を去勢・避妊させる方が良いでしょう。2頭が同性の場合、仔犬が成長した時にリーダー争いを引き起こす可能性があります。










仔犬を2頭?

hermanos.jpgお互いが良い遊び相手になるだろうとか、またはいかなる他の理由ででも、どんなに2頭の仔犬を一緒に飼う事が魅力的に思えようが、よくよく考えましょう。同性か異性かという問題は別として、主な問題はトレーニングです。同時に2頭の仔犬を訓練するのは初心者にはほとんど不可能です。仔犬は個別な配慮を必要とします。そしてあなたが1頭をトレーニング中に、もう片方がいたずらをします。2頭のダルメシアンが欲しいなら、まず1頭を買ってください。そして、それがきちんと訓練されていてコマンドをちゃんと聞く(おそらく約12-18カ月)ときには次に、2頭目の仔犬を買ってください。その時には年長犬が、新しい仔犬を訓練するのを助けるでしょう。