ねぎとチョコレート



ねぎとチョコレートは犬にとって危険なのだそう。カタルーニャ名物のカルソッツ(焼きねぎ)を食べさせた、という話を友人にしたら「ねぎは駄目よ」と言われたが、何故かは知らないとの事。チョコレートは問題が生じた犬にブリーダーがチョコレートを大量に食べさせ死に至らしめた、という推理コミックを読んだ覚えがあったけど、ダルを飼う以前の事なので詳しく覚えていないし。では、と言う事でちょっと調べてみました。

玉ねぎ・ねぎ類


玉ねぎ・長ねぎに含まれるアリルプロピールジサルファイド( Allylpropyl-disulfide)が血液中のヘモグロビンを酸化し、赤血球中にグロビンの不溶性変性産物が形成される。 赤血球が破壊されるため溶血性貧血を起こす。 アリルプロピールジサルファイドは加熱しても、毒性は消えない。したがって火を通してあるから大丈夫とは言えない。極端に言ってしまえば煮汁でも成分が溶け出しているから危険度は変わらない。摂取量が大量だと、急性中毒を起こすこともある。 急性中毒の場合、1日から2日で赤や赤褐色の尿が出て、さらに下痢や嘔吐、黄疸を起こす。貧血に陥ることがあり、眼の粘膜が白くなったり、肝臓肥大、脾臓がはれることもある。体重1キロあたり15g~20gのタマネギで中毒を起こす。

→気がついたら、すぐに吐かせる。
→重症の場合は、輸血が必要。

さて、体重1キロあたり15g~20gの玉ねぎとは、ダルの体重25~30kgで考えると375g~450gに相当する。一体その量はどのくらいなものかというと、この写真の玉ねぎ大1個で200g、つまり2個相当という訳で、これだけのものを大量に一度に採る事はまずはないだろうと思われる。



チョコレート


チョコレートに含まれるテオブロミン(Theobromine)が犬にとって強い毒性があり、症状は犬によって差が有る。嘔吐や下痢、興奮、発熱、痙攣などの発作があったり、血尿、脱水になることがある。ときに昏睡状態に陥ることもある。
犬の体重当たりの致死量は250~500mgとされている。チョコレートで20~30gに相当(25~30kgのダルの場合、500/750g~600/900gに相当)。チョコレートの種類によってテオブロミンが含まれる量が違うが、ダークチョコレートはミルクチョコレートに比べてテオブロミンの量は多い。


通常こんなにも大量のチョコをわざわざ与えるという事は考え難いが、危険なのは日頃からチョコの味を覚えさせてしまうと、仕舞い忘れたチョコを食べてしまった、という事故がおきる可能性があるという事。普段から味を覚えさせない方が賢明。

→症状に応じて排泄の促進、点滴、胃洗浄など行なう。


ダルのような中・大型犬にこれだけ大量の玉ねぎ、チョコを一度に与える事はまずは有得ませんが、大体の危険量を知っておく事は事故を防ぐ為にも、また不必要なパニックに陥らない為にも必要だと思います。